ビタミンの効果。

皆様は13種類のビタミンが、どのような効果と副作用があるかご存知ですか?
当サイトでは、ビタミンを分かり易く解説していますので、しっかり学んで皆様の健康に役立ててください。

下記に各種ビタミンの概要を説明しています。
「詳細を見る」をクリックで、より詳しい効果や過剰症がわかります。


目と免疫のビタミン。

上皮組織を健康に保つので、肌にトラブルのある方に有用です。又、不足すると夜に物が見え難くなります。
抗酸化も期待ができるビタミンAですが、過剰症には十分に注意する必要があります。

ビタミンAの詳細を見る

疲労回復に強いビタミン!

日本人が世界で始めて発見したビタミンB群のひとつで、糖質を分解しエネルギーに変える重要な働きを担っています。
なお、ビタミンB1が不足すると脚気などをまねく為に、しっかりと摂っておきたい栄養素です。

ビタミンB1の詳細を見る

ダイエット時のビタミン。

主に、脂肪を分解する重要なビタミンです。
他にも肌の新陳代謝を促進したり、脂っぽい肌を抑えてくれる為に、ビタミンB2は「肌の栄養素」とも呼ばれ、女性に人気のビタミンになっています。

ビタミンB2の詳細を見る

たんぱく質の代謝するビタミン。

こちらは、主にタンパク質の分解を担う栄養素です。
他にも妊娠中毒症やつわりを緩和する働きもあります。
あと口内炎を抑えることで有名な栄養素ですが、これはビタミンB6が粘膜を健康な状態に保つ効果がある為です。

ビタミンB6の詳細を見る

血を作るビタミン。

葉酸と協力して赤血球を生成する大事な栄養素です。
鉄分が不足しておこる貧血と区別して、ビタミンB12や葉酸不足でおこるものは、悪性貧血と呼ばれています。最後に発見されたビタミンB群なので、まだ解明されていないことが多いです。

ビタミンB12の詳細を見る

お酒が好きな方に必須。

アルコールの分解を助け、二日酔いや悪酔いを予防します。
他にも、ナイアシンはビタミンB6と同様に粘膜を強化する事で、口内炎などを緩和してくれます。
欠乏するとペラグラなどの重篤な症状を引き起こします。

ナイアシンの詳細を見る

3大栄養素の代謝に必要な栄養素。

ビタミンB2と同様に、脂肪の分解に深く関わっています。
あまり知られていませんが、パントテン酸はコラーゲンの生成に欠かせない栄養素なので、健康的な肌作りには欠かせません。他にも免疫力を高めたり、解毒作用を持っています。

パントテン酸の詳細を見る

アトピーや掌蹠膿庖症と戦う。

アトピー性皮膚炎を緩和する事で有名な栄養素です。
又、女優の奈美悦子さんが「掌蹠膿庖症」の治療にビオチンを使い全快した事で、一気に有名になったビタミンでもあります。
健康的な肌を維持する為には欠かせない栄養素です。

ビオチンの詳細を見る

妊娠時に必須のビタミン。

妊婦の方には欠かせない栄養素です。
胎児の神経管閉鎖障害の発生を、1日400mgの葉酸を摂取することで70%近く低減する事ができます。
妊娠前から初期にかけては、積極的な摂取が必要です。

葉酸の詳細を見る

美容ビタミンの代表格。

非常に多くの効果を持つビタミンで、抗ストレス作用から活性酸素の除去、コラーゲンの生成を助け健康な肌を作ったり、インターフェロンの生成を助けて免疫力の向上にも働きます。
健康維持の為に、積極的なビタミンCの摂取が必要です。

ビタミンCの詳細を見る

日光を浴びて、骨を強化!

カルシウムの吸収を助け、骨や歯を丈夫に保ってくれます。
他にも、筋肉の動きを調整する働きも持っています。
大半のビタミンは、体内では作り出す事が出来ませんが、ビタミンDだけは日光を浴びる事で生成される特徴があります。

ビタミンDの詳細を見る

抗酸化作用で女性に人気のビタミン。

活性酸素を除去する、代表的な抗酸化ビタミンです。
女性ホルモンの働きを助け更年期障害を緩和する事から、特に女性は積極的にビタミンEを摂取したいものです。
他にも、毛細血管を拡張させ血液の流れを良くします。

ビタミンEの詳細を見る

血を固める重要な栄養素

なっとうなどに多く含まれるビタミンで、血液を凝固させる作用がり、怪我などで出血した場合に血が止まりやすくなります。
この様な作用から、ビタミンKが不足すると青あざが出来やすくなったり、血が止まり難くなります。

ビタミンKの詳細を見る

ビタミンと並ぶ副栄養素!

酸素や水素などを除いた、元素をミネラルとよんでいます。
約100種類が確認されていますが、その中でも、人間が生きていくうえで、必要とする物は16種類あり、 カルシウムやマグネシウムが代表的なミネラルです。

ミネラルの詳細を見る

アミノ酸は最も重要な栄養素。

60兆個もある人の細胞は全てアミノ酸から作られているので、不足すると様々な弊害が出てきます。 特にアミノ酸は、疲労回復や美しい肌を作る為にも欠かせない栄養素ですので、しっかり摂取しましょう。

アミノ酸の詳細を見る

脳には必須のDHA。

青魚に含まれる必須脂肪酸でビタミンと同様に重要な栄養素です。DHAは脳を活性化するだけでなく、中性脂肪やコレステロールを下げる効果がある事から、最近では最も注目されている栄養素です。

DHAの詳細を見る


ビタミンをサプリメントで上手に摂る方法

美容や健康志向が高まり、サプリメントを利用してビタミンやミネラルを摂取する人が増えてきましたが、上手に摂らないと、意味のないものとなってしまします。

サプリメントは、非常に効果的なアイテムですが、間違ってはならないことは、テレビや雑誌で有名になるなどで特定の栄養素だけを過剰に摂ることです。バランスよく摂らないと、代謝がうまく働かず、効果を発揮することは出来ません。
このため、マルチビタミン・ミネラルなどで、まず全体の摂取レベルを上げておき、その後に欲しい栄養素をトッピングするのが理想的といえます。
また、サプリメントを摂取するタイミングですが、メーカーにより異なるものではありますが、基本的には、食後が望ましいです。

Copyright (C) 2008 ビタミン‐ナビ. All Rights Reserved.