ビタミンC(アスコルビン酸)

数多くの効果を持っていることから、たくさんの人から人気があるビタミンです。
最近では化粧品にも配合されているため、女性を中心に美肌を追求できる栄養素の一つとして大人気です。また、ビタミンCの効果として、非常に強い抗酸化作用を持っていることから、がんの予防にも期待が集まっています。

このビタミンは、多くの有益な効果があり、副作用も少ない事から、毎日、しっかりと摂取する必要があります。ただし、水溶性ビタミンですので、短時間で一気に摂取せずに、毎食後にフルーツなどから補給するとよいでしょう。 又、タイムリリース加工のされた、サプリメントを利用するのも有効です。

以下に、数多くあるビタミンCの効果の代表的なものの一部について、紹介します。

ビタミンCの効果

抗酸化作用で美白を応援します。

人間の皮膚は、紫外線を受けると、細胞が活発に動き皮膚を守ろうと働きます。
この際に生成されるものが、メラニン色素と呼ばれるもので、これが沈着するとシミやソバカスの原因となりますが、ビタミンCがこのメラニン色素の沈着を抑え、キレイはお肌を守ります。

プルンとするお肌を作ります。

プルッとする弾力あるお肌に必要不可欠なものは、「コラーゲン」です。
このコラーゲンが作られるのには、ビタミンCが必要不可欠となっています。

風邪に、ストレスに対抗します。

上記で述べているように体内でコラーゲンが作られるためにはビタミンCが必要です。
コラーゲンは、細胞と細胞の間にある接着剤のような役割をし、ウイルスの侵入を防ぎます。

ビタミンCは、ガンの予防に役立ちます。

抗ガン剤作用として知られているインターフェロンが体内で生成するためには、ビタミンCが必要不可欠といわれています。

ビタミンCが豊富な食品

食品100g当りにどの程度ビタミンCが含有されているのを下表に示します。

アセロラジュース 120mg
グァバ 220mg(2個)
70mg(中1/2個)
キウイ 69mg(1個)
グレープフルーツ 36mg(1/3個)
ブロッコリー 120mg
レモン 100mg(薄切り7枚)

欠乏症と過剰症

欠乏症

ビタミンCが極端に不足すると、コラーゲンの構造がもろくなることを主要因とし、歯茎からの出血などが、毛細血管から出血しやすくなります。また、疲労感や消化不良、憂鬱を引き起こす恐れがあります。

過剰症

一日当りの上限量は特に決められていないので、過剰摂取によるリスクは低いようです。
ただし、著しく大量に摂りすぎた場合には、下痢や吐き気、腹痛を引き起こします。

Copyright (C) 2008 VitaminsNavigation. All Rights Reserved.